Fur Affinity

提供: WikiFur
移動: 案内検索

Fur Affinity(ファー・アフィニティ)とは、ファーリー・ファンダム最大の作品投稿型交流サイト。略称はFA

歴史[編集]

SheezyArtdeviantARTの替わりとなるサイトとして2005年1月16日より運用を開始した。これは、SheezyArtの規約変更によって多くの作品が削除対象となり、新たな受け入れ先が求められたことが背景としてある。

2005年8月1日、相次ぐサーバーエラーと運営内部の対立によりサイトを閉鎖した。閉鎖当時、12,174アカウント、10万点近い作品の投稿があった。閉鎖中に1500ドルの寄付を受けてサーバーを強化、2005年12月10日にサイトを再開した。再開後12時間で1万点の投稿があったという。[1]

その後も2008年夏の1か月に及ぶ停止をはじめとして、幾度も障害に見舞われているが、そのたびに運営による対処が行われている。

また、FAは2007年より独自イベント、FA: Unitedニューアークで開催している。

概要[編集]

deviantARTなどと同じく大手イラストSNSである。dAと違う最大の特徴は全面的にfurry(ケモナー)を対象としてるコミュニティサイトであるということ。

投稿出来る作品の幅は広く、gifアニメ、フラッシュ(swfデータ)、音楽(mp3)、写真、テキスト(小説、ポエム)、(彫刻、オブジェ、フィギュア、ドール)、手芸作品(ぬいぐるみ、アクセサリー、ペーパークラフト)、服飾(創作衣装、コスプレ、着ぐるみ)、加工写真(コラージュアート)などが投稿可能。

furryを主な対象としている場所というだけあって、作品投稿の際には描かれている動物の種族を選択できる項目(Species)がある。哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、恐竜類、魚類や昆虫類までもに至り、ドラゴンやグリフォンのような架空生物、ポケモン・デジモンのような版権の架空生物までと非常に幅広い。また、個人絵師による創作生物「サーガル(sergal)」も種族の項目に含まれている。項目内に含まれていない動物であっても、「その他(Unspecific/any)」の項目が存在しているため、実質どのような生き物であろうと投稿可能である。

このサイトにおける「ケモノ」の定義も非常に広いものとなっており、体型も獣人のような二足型(Anthro)から、リアルの動物に近い四足型(FeralもしくはNon-Anthro)や、所謂「タウル」と呼ばれるケンタウルス型、オリジナルから版権キャラ、絵柄もリアルな絵柄からファンシーな絵柄までと、動物の要素が含まれている作品であれば何ら気兼ねすることなく自由に投稿出来る場所と言って良いだろう。

また、ケモノ系を専門的に扱っている場所ではあるが、人間や獣耳、動物モチーフの要素が含まれていないロボット等のケモノ要素が低い・もしくは無い作品の投稿が禁止されているというようなことはなく、作品投稿の際の作品テーマの項目(Submission Theme)にも「人間(Human)」の選択肢が存在しており、FA上で人間や獣耳のイラスト、ロボットなどの機械・乗り物のイラスト、ケモノに属さない人外キャラクターを主に投稿しているユーザーも多く存在する。ケモノ以外の作品であれば、人間の場合は作品カテゴリーの項目(Submission Theme)で「人間(Human)」を、それ以外の場合は種族の項目(Species)で「その他(Unspecific/any)」を選択しておけば問題無い。

基本的に特定のジャンルのみを投稿しなければいけないという場所ではなく、ケモノ属性に重点を置いた自由なコミュニティサイトと考えるのが良い。

アダルト作品に関する問題[編集]

FAにはアダルト・ポルノ作品の投稿も可能であり、この点に関してはポルノ作品について強い規制が設けられているdAとは大きく違う特徴である。

しかし近年、FAにおいて「18歳未満と明記されているキャラクター」のアダルト・ポルノ絵が全面的に禁止された。これは法律上の指摘や摘発等があったからではなく、FAのサーバーを提供している会社がFAに所謂ケモロリ・ケモショタなどの18歳未満のキャラクターのポルノイラストが投稿されていることを快く思っておらず、FA側へ苦情を零したことによる。その為、以前は作品テーマ上に存在した「ケモロリ・ケモショタのポルノ絵(cubまたはBaby-furのAdult)」の選択肢は消えている(全年齢向けの選択肢に関しては現存)。

FAには従来からケモロリ・ケモショタ系のポルノ絵を投稿していたユーザーは多く存在していたため、この一件は大きな物議を醸し出すこととなった。

この件に関してFA運営は以下のようにコメントしている。

  • 「とにかく、キャプション上や作品上などに対象のキャラクターが18歳未満だとは絶対に書かないこと」
  • 「ケモロリ・ケモショタなどの低頭身のキャラクターのポルノについては、あくまでもチビキャラデフォルメ(chibi)だと言い張り、loliやshotaやcub、baby-furなどの単語は使わないようにする」
  • 「見た目が少し若過ぎるように見えるキャラクターは、あくまで可愛らしさを強調して描いているだけだと言い張ること、不安ならばこのキャラクターは18歳以上であると明記しておけばいい。また、そのキャラクターの更に若い時の姿なども設定しておけばより説得力が出る」
  • 「ソニックなどの公式で年齢が定められている版権キャラクターでその公式設定上の年齢が18歳未満のキャラのポルノを投稿する場合は、気持ち若干大人っぽく描くことを推奨するが、あからさまに子供だと分かる記号を絵に含ませないように(例えばテイルスがおしゃぶりを咥えてる状態でのポルノ絵など)」
  • 「またファンアートの場合もこのキャラクターはこの絵においては18歳以上の設定になっている、と明記しておけばなお良い」

以上のように、FAにロリショタ系のアダルト・ポルノイラストを投稿する場合は、上記のことを踏まえた上で投稿すれば恐らくは大丈夫であると思われるが、それでも十分注意すること。

また、FAと同じくケモノを主に扱っているケモナー向けのイラストSNSにInkBunnySoFurryが存在するが、そちらではFAのようなロリショタ絵に関する規定は現在設けられていないため、其方に移住しているユーザーもいる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]