コンベンション後抑鬱症

提供: WikiFur
移動: 案内検索

コンベンション後抑鬱症(こんべんしょんごよくうつしょう、またはコンベンション後うつ病など)はコンベンションに参加した後に訪れる憂鬱な感情の事。正式名称はPost-con depression(ポスト・コン・デプレッション)。単にPCDと呼ばれることが多い。

主な症状は抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠などを特徴とする。

概要[編集]

コンベンションオフ会などに参加した後に羅患する。楽しい思い出が多いコンベンションほどPCDは訪れやすい。

症状[編集]

症状はイベント直後から翌週に訪れる事が多いが、イベントの最終日に掛かってしまい(複数日に跨るコンベンションに多い)最終日を遊び切れないケースもしばしばある。

以下は主なPCDの症状である。

  • 脱力感
  • やる気の低下
  • 睡眠不足
  • 絶望感
  • 頭痛

対策[編集]

  • 休息 - 他の休みボケと同じく、PCDは一週間ほど元の生活に戻る事で解消されることが多い。イベント直後で疲れた身体にゆっくりと休息を与えることで、弱った体力を速やかに回復することが望まれる。
  • イベントの整理 - イベント内容の整理を行うと気持ちが紛れる事がある。撮った写真をまとめたり、経験をブログ記事にまとめる事も効果がある。
  • 次のイベントへの準備 - 次回のイベントに備える事によって、憂鬱を創造性に昇華するが出来る場合がある。新たに着ぐるみ同人誌のアイデアを練ったり、近い別のイベントに計画を練る事も効果がある。